閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年11月16日 リマ 西川信康

エクアドル政府・Iamgold社の鉱区30%削減し、Quimsacocha金プロジェクト開発承認

 エクアドルのQuimsacochaで金探鉱・開発を行なっているIamgold社(カナダ)に対して、Cuenca盆地水源委員会は、盆地の水源保護と排水汚染の懸念から政府に対して、鉱山開発に反対すると表明していたが、2007年11月14日、Xavier Carasco鉱業次官補は、Iamgold社からの報告書を審査し、政府調査団が鉱区を視察した結果、Cuenca市を含む盆地の水源保護のために、同社に承認されている9,600haの権益のうち30%を削減するという条件で鉱山開発を承認する業務命令を同社に通達したと発表した。
 これに対して、Iamgold社のCarlos Perez代表は、同社は現在プレFSステージにあるが、政府決定を肯定的に受け止め、承諾する方向で検討していると述べた。
 さらに、11月16日、Xavier Cordova鉱業次官補は、現地で反対運動グループと面談し、Iamgold社の鉱業活動は、未だ探査段階にあり、現在のところ、水源汚染の事実はない。探査終了後、同社に対し改めて、開発に向けた環境影響評価報告書を提出させることになっており、それにより、水源問題が発生するどうか改めて審査すると説明し、住民側に理解を求めた。

ページトップへ