閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年11月16日 シドニー 永井正博

Paladin社、2007年第3四半期報告を公表

 Paladin Resources社(本社パース、以下Paladin社)は、11月14日、2007年第3四半期報告を公表した。
  それによると、Paladin社は第3四半期で14.5百万US$の損失が出たことを報告している。これは、ナミビアのLanger Heinrichウラン鉱山の拡張操業の結果として1.8百万A$の損失、3.8百万US$の探鉱費と評価費、6.8百万US$のファイナンスコスト、2.1百万US$の企業コストからなる。
 Paladin社は、純資産は166百万US$のキャッシュを含む13億US$と報告している。
 また、Langer Heinrichウラン鉱山の改善は進展しており、生産は9月末四半期で274,360lb(U3O8)であった。一つ残っていたボトルネックは12月には解決し、2008年暦年では2.6百万lb(1,179t)(U3O8)の生産となろうと報告している。
 この四半期でLanger Heinrichウラン精鉱から3か所の転換施設への出荷がなされ、平均78US$/lbで333,000lb(U3O8)販売されている。

ページトップへ