閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2007年11月16日 シドニー 永井正博

豪州・Fortescue社、Pilbara地域のSolomonプロジェクトで10億tの鉄鉱床を確認

 Fortescue Metals Group社(本社パース、以下Fortescue社)は、2007年11月15日、Solomonプロジェクト西のSerenity探鉱区域で、JORC規程による予測資源量10.14億t、鉄平均品位56%の鉱床が確認されたことを発表した。
 Serenity区域は、西オーストラリア州Pilbara地域のTom Price鉱山の北北西60kmに位置している。
 Fortescue社は、Solomonプロジェクトの東区域で同様にボーリングを継続しており、クリスマスの前には、追加の資源量を発表したいとしている。
 Fortescue社の現在開発担当理事であるGraeme Rowley氏は、この発見は、Chichester鉄鉱床の計画生産量200百万t/年への拡張を意図して行ったボーリングプログラムの結果だと述べた。

ページトップへ