閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2007年11月19日 ロンドン 竹谷正彦

マダガスカル・Ambatobyニッケルプロジェクトの建設着手

 各社報道によれば2007年11月7日、マダガスカル・トアマーシナにおいて、Ambatobyニッケルプロジェクトの建設着手を祝う式典が行われた。同プロジェクトは、日加韓の3か国が共同した初めてのニッケル資源の共同開発プロジェクトでニッケル鉱石から地金までの一貫生産を行う。
 同プロジェクトへの総投資額は33億US$(約3,700億円)。2010年に生産を開始し、2012年にフル操業の予定。年間生産量はニッケル地金6万t、コバルト地金5,600t、硫安19万t。マインライフは少なくとも27年間。
 同プロジェクトの権益構成は、住友商事27.5%、ダイナテック(カナダ)40%、コリアリソーシズコーポレーション(韓国)27.5%、エスエヌシーラバリン(カナダ)5%。

ページトップへ