閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年11月20日 シドニー 永井正博

豪州・Midwest社、Murchison社の買収オファーを拒否

 Midwest Corporation Ltd.(本社パース、以下Midwest社)役員会は、満場一致でMurchison Metals Ltd.(本社パース、以下Murchison社)の10億A$の買収のビッドは、ご都合主義で、Midwest社を著しく過小評価しているので、拒否するべきであると宣言した。
 Midwest社1.08株に対してMurchison社1株というMurchison社のビッドは、2007年12月6日を期限としている。
 Midwest社は、資源産業コンサルタントAMCによる分析によると、Murchison社のJack Hillsプロジェクトの総資源量は128百万tで、それは、Murchison社が述べている25百万t/年、15年の生産目標(注:375百万t必要)には著しく少ないと述べた。
 また、AMCは、レポートで、Murchison社のJack Hillsプロジェクトは、Midwest社のWeld Rangeプロジェクトより資源開発のリスクが高いことを言及している。
 Midwest社は、株主にMidwestの発行株式の45%は、Murchison社のオファーを拒絶し、Midwest社の再評価が行われるであろうと述べ、さらに、Murchison社のオファーは実際に2社の資源量が適正に確定される前に、Midwest社の将来の価値を買い占めるものであると述べた。

ページトップへ