閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2007年11月21日 シドニー 久保田博志

Mincor社(豪州)、BHP BillitonとKambalda地域のニッケル探鉱で提携

 Mincor Resources NL(本社パース、以下Mincor社)は、2007年11月20日、BHP BillitonのKambalda地域(西オーストラリア州)のニッケル鉱区の一部で探鉱を行うことで同社と合意に達しと発表した。
 対象となるのは、「Bluebush Line」と呼ばれ、高品位ニッケル鉱徴地(Cameron、Laway、Grimsby、Stockwell等)が走向方向に約40km連なっている一帯である。WMC Resources Ltd.(BHP Billitonに買収された)が、1990年代にボーリング調査(総延長34,000m)を実施し、硫化ニッケルの鉱化作用が把握されている。
 Mincor社は、鉱区をBHP Billitonから転借した形で鉱区権を取得することになるが、WMC社が1968年に結んだNickel Rifinery (WMC) Act 1968の期間が満了した段階で、Mincor社が鉱区を取得することになっている。

ページトップへ