閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年11月24日 バンクーバー 武富義和

カナダ・Endakoモリブデン鉱山斜面崩壊の影響について

 Thompson Creek Metals社は、BC州北部でモリブデンを生産するEndako鉱山で斜面崩壊があったと報じた。
 2007年11月12日に起こったEndako Pit(露天採掘場)南斜面東端での斜面崩壊により、鉱石積み込み用ショベルローダーが埋まり、労働者が軽傷を負い、当該箇所での採掘は中止している。なお、Endako鉱山のDenak West Pitは影響を受けていないため、現状では当該Pit並びに貯鉱を搬出し処理している。Endako Pitでの採掘中止は、選鉱場の生産、回収率等に影響を及ぼしている。
 Endako鉱山における2007年の10か月間における鉱石中の平均モリブデン品位は0.06%となっている。一方、Denak West Pitの平均品位は0.065%、貯鉱の平均品位は0.039%でEndako鉱山の2か年分の生産に相当する20百万tが保管してある。
 モリブデンについては、Thompson Creek Metals社の2007年第4四半期の減産、2008年の世界的な供給不足が予測されているが、現在のところ、モリブデン価格は上昇の傾向にない。

ページトップへ