閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年11月26日 メキシコ 小島和浩

メキシコ・ルス・デル・コブレ銅プロジェクト、2009年1月に生産開始

 サルマ・リソーシズ社(Zaruma Resources Inc. 本社トロント)は、メキシコに保有するルス・デル・コブレ(Luz del Cobre)銅プロジェクトの生産開始を2009年1月に予定している旨、2007年11月21日付け同社HPに発表した。同プロジェクトは、ソノラ州エルモシージョ市東方170km位置する。
 2007年に実施されたFSによると、同プロジェクトの主要鉱床は埋蔵鉱量約4.4百万t(平均銅品位1%、銅カソード量で約33,000t)を有し、SX-EW法により年間6,800tの銅カソードをマインライフ5年以上にわたって生産する予定である。その間の平均生産コストは0.95US$/lb、事業開発コストは25百万US$と試算されている。現在、採掘ピット、リーチパット、銅抽出プラント等の建設に関する現場作業が進行中である。また、主要鉱体西150mに位置するティロン地区を中心にボーリング探査が実施されており、資源量の増加及びマインライフの拡大が期待されている。

ページトップへ