閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年11月27日 サンティアゴ 菱田 元

チリ・Pacific Hydro社が風力発電をBHP Billitonに提供

 11月19日付の地元業界紙によると、BHP Billitonは、チリ北部の第Ⅰ州と第Ⅱ州に少なくとも100MWを供給する風力発電パークを1か所以上建設することで豪州Pacific Hydro社と合意した。Pacific Hydro社は、チリ電力供給の大北部連結システム(SING)と繋がる風力発電パークの設計、建設、操業を行うことになる。
 BHP Billitonは、世界で最も多くの銅を生産する地域の一つであるチリ北部の第Ⅰ州と第Ⅱ州でEscondida鉱山、Cerro Colorado鉱山、Spence鉱山を操業している。
 一方、Pacific Hydro社は豪州、フィリピン、フィジーで水力発電プロジェクトを、ブラジルと豪州で風力発電パークを手掛けている。チリにおいては、第Ⅵ州で5基の水力発電システムを建設中である。

ページトップへ