閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年11月29日 リマ 西川信康

ペルー・鉱山労働者ストライキ再発の懸念

 業界紙等によると、全国鉱山労働者連盟は、中央政府が鉱山における労使争議の解決に取り組まない場合、再び無期限ストライキに踏み切ると警告した。
 オルティス連盟代表によれば12月5日までに政府からの回答が得られない場合、ストライキが再開される予定であるとしている。なお、懸案となっているのは先のストライキを原因とした労働者400名の停職処分と17名の解雇処分への抗議、早期退職、民間の年金基金運用会社からの自由離脱、利益配当金の上限の撤廃など。

ページトップへ