閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2007年12月4日 サンティアゴ 菱田 元

ブラジル・Votrantim Metais社、Vazante地域の亜鉛鉱区取得

 2007年11月26日付の地元業界紙等によると、ブラジルの金属鉱山会社Votorantim Metais社は、破産宣告した鉱山会社Mineracao Aeiense(Masa)社が所有していた鉱業権の移転について、Minas Gerais州開発銀行BDMGと契約を結んだと発表した。この契約金額は35.5百万US$で、かつてMasa社が保有し現在はBDMGの管理下になっているMinas Gerais州北西部のVazante自治区の亜鉛資源を含んでいる。
 Votorantim Metais社は2004年のオークションで、Masa社の鉱業権を3年間リースする権利を得ていた。3年間で同社は亜鉛鉱床の再評価を行い、契約終了時に鉱区獲得のオプション権を得ることになっていた。
 Votorantim Metais社はブラジルにおいて亜鉛及びニッケル鉱山を、ペルーにおいて亜鉛製錬所を操業しており、最近では米国のアルミニウムと亜鉛のリサイクル企業Aleris International社を295百万US$で買収している。

ページトップへ