閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2007年12月4日 北京 土屋春明

中国・エチオピア共同探鉱プロジェクトで高品位の銅・亜鉛・金鉱床発見

 安泰科によれば、最近、中国・エチオピア共同探鉱プロジェクトの最初のボーリング探査で高品位の銅・亜鉛・金鉱床を発見した。共同探鉱は2007年9月16日から開始され、最初の深度130mのボーリング孔で厚さ60mの鉱体を捕捉し、そのうち30mは高品位の銅・亜鉛・金鉱床である。
 プロジェクトは北京Donia資源公司とエチオピアの鉱山会社により操業されている。両社は2007年1月14日に共同探鉱の覚書に調印し、3月に3件の合弁事業を立ち上げ、エチオピア北部で12か所、延べ1,900km2の探鉱権を所有している。
 北京Donia資源公司は北京鉱産地質研究所(英語略称:BIGM)、天津華勘集団公司及び貴州有色地質探査局が共同で設立し、海外で鉱物資源の探査と開発を行っている。現在までに同公司はラオス、フィリピン、アンゴラ、エチオピア、エリトリアなどで9,000km2の探鉱権と採掘権を取得している。

ページトップへ