閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年12月11日 サンティアゴ 菱田 元

チリ・Antofagasta社、Esperanza銅・金プロジェクト開発の提携についてアジア企業と交渉中

 2007年11月29日付の地元紙等によると、チリAntofagasta Minerls社は同社が所有するチリ第Ⅱ州のEsperanza鉱山開発プロジェクトについて、中国の国営企業Minmetals社と提携する話し合いが持たれている。
 また、複数の日本企業がEsperanzaプロジェクトの権益獲得に関心を示しており、コンソーシアムを組むかあるいは単独で参入するか検討中である。日本企業グループは、Antofagasta Minerls社が所有する中で最大のLos Pelambres鉱山の株式を40%所有している。
 Esperanzaプロジェクトは2010年に年間70万tの精鉱を生産開始予定で、毎年銅195,000t、金229,000oz、銀1,560,000ozを生産する計画である。Antofagasta Minerls社は、チリのLuksic familyが親会社のAntofagasta社を通じて経営している。

ページトップへ