閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年12月18日 サンティアゴ 菱田 元

チリ・Anglo AmericanはAES Generからの電力供給を確保

 12月12日付の地元業界紙によると、ロンドンに本社を持つAnglo Americanは、チリ中央部の操業鉱山への電力供給を行うため、チリ第2の電力供給会社AEG Gener社と契約を結んだと報告した。AEG Gener社は米国AEG社の一部門で、2011~2020年の間にEl Soldado鉱山に37MWを、Chagres製錬所に27MWを供給すると述べている。
 Anglo Americanは、Santiagoから約65kmに位置するLos Bronces銅鉱山において、次期10年間で生産量を約3倍にするために17.4億US$投資することを最近決定した。同社はチリLos Bronces鉱山とCollahuasi鉱山の拡張、及びペルーQuellavecoプロジェクトの開始などにより、2016年までに年間の銅生産量170万tを目指している。

ページトップへ