閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年12月24日 バンクーバー 武富義和

米国・General Moly社、韓国POSCOに対しMount Hopeモリブデンプロジェクトの権益を売却

 12月18日、General Moly社は、ネバダ州で開発中のMount Hopeモリブデンプロジェクトの権益20%を韓国POSCOに売買する協議に入ったと発表した。
 Mount HopeモリブデンプロジェクトはJV方式とし、POSCOは20%の権益を170百万US$で取得する。支払金額は、正式契約後にまず50百万$、2008年7月1日に50百万$、建設に係る全ての許可を取得した時点で70百万$となっている。また、POSCOは、2008年1月1日からこのプロジェクトで発生する投資、操業コストの20%を負担する。
 General Moly社のCEOであるHansen氏は、世界規模のMount Hopeモリブデン鉱山の開発、資金手当を行うに当たって、POSCOとの権益契約並びにArcelorMittal社とのモリブデン売買契約は双方にとって理想的であると述べている。
 Mount Hopeのモリブデンの推定+確定埋蔵量は13億lb(約590千t)であり、2010年第2四半期の生産開始を目指している。最初の5か年間は38百万lb/年(17千t/年)で、鉱山寿命は44年間。

ページトップへ