閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年12月25日 北京 土屋春明

中国・Minmetals社、チリ・エスペランサ銅・金鉱山の権益取得に向けた交渉

 安泰科によれば、Minmetals社からの情報として同社はチリ・エスペランサ鉱山の権益取得に関し、アントファガスタ社と交渉していると報じている。2007年7月2日のアントファガスタ社の発表によれば、エスペランサ銅・金鉱山の埋蔵量は535万t(金属量)で平均品はCu0.55%、Au0.23g/tである。エスペランサ銅・金鉱山への総投資額は15億US$で、2010年から操業を開始し、鉱石処理量97,000t/日、銅生産量195,000t/年(金属量)、金生産量229,000oz/年、マインライフ15年を計画している。
 Minmetals社は海外展開を積極的に推進し、チリにおいては2008年から操業開始予定のコデルコ所有のGaby銅鉱山プロジェクトの権益取得優先権(25-49%)を保有している。

ページトップへ