閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年1月7日 メキシコ 小島和浩

パナマ:モレホン金プロジェクトの生産開始遅延、ペタキージャ銅プロジェクトの現況

 2007年12月31日付業界情報等によると、ペタキージャ・ミネラルズ社(Petaquilla Minerals Ltd.)広報部長は、同社がパナマに保有するモレホン金プロジェクトの生産開始を2008年第1四半期末に計画している旨、明らかにした。報道の概要は以下のとおり。
 ペタキージャ社Byrne広報部長(Communication Manager)によると、現在、モレホン・プロジェクトにおいては鉱石の積み上げを行っている段階にあり、2008年3月までは金生産が開始される予定はない。従前、同プロジェクトは、2008年1月からの生産開始を予定していた。一方、ペタキージャ銅プロジェクトに関して、同部長は、2008年上半期末に同プロジェクトの生産開始の是非を決定するが、生産開始にはさらに33~36か月を要する旨、明らかにした。また、同部長は、90日以内に同プロジェクトの酸化鉱の資源量評価が完了する予定であるが、現在のところ、資源量は60~100百万t、平均銅品位0.8%が期待されている旨、明らかにした。

ページトップへ