閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年1月7日 シドニー 永井正博

豪州:Rangerウラン鉱山(北部準州)、サイクロンの影響で一時操業停止

 Energy Resources of Australia Ltd.(本社ダーウィン、以下ERA社)は、サイクロンHelenの来襲により2007年1月4日に操業停止したRangerウラン鉱山の操業を1月6日に再開した。
 Rangerウラン鉱山は、2007年2月にサイクロンGeorgeによる850mmの大雨によって露天採掘場が水浸しとなり、操業を停止した。このため、ERAは、将来の水害に備え、貯水池の改善や露天掘採掘場の排水能力の増強等の多くの対策を実施してきた。

ページトップへ