閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年1月8日 サンティアゴ 平井浩二

アルゼンチン:Taca Taca銅・モリブデンプロジェクトの権益75%をRio Tintoが獲得

 2008年1月3日付の地元業界紙等の報道によると、カナダのGlobal Copper社はアルゼンチン、Salta州に位置するTaca Taca銅・モリブデン・金プロジェクトの権益75%をRio Tintoに与えるオプション契約を締結した。オプション契約の内容はRio Tintoが、3年以内にGlobal Copper社に80百万US$を支払い、さらに同期間内に追加で3百万US$を支出し、25,000mのボーリングを実施するもので、オプション完了後、Rio Tintoは同プロジェクトの開発投資に係る費用(120百万US$)も負担する。
 Global Copper社のDavid Strang社長は、Rio Tintoがプロジェクトの開発パートナーとなったことは喜ぶべきことである。同社はTaca Tacaプロジェクトを開発するのに十分な技術力・経済力があり、プロジェクトは大きく前進するであろうとコメントしている。
 Taca Taca鉱床の概測・予測資源量は銅金属量:4.35百万t、モリブデン金属量:2,000tで、2008年後半にプレFSを完了させる予定である。

ページトップへ