閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年1月11日 シドニー 永井正博

Alumina社、2007年収益、当初見込みより悪化

 Alumina Ltd.(本社メルボルン、以下Alumina社)は、2007年の収益見込みが2006年の490百万A$より悪化して405百万A$(17%減)となることを公表した。
 これは、AWAC社の生産コストがフレートやエネルギーコスト等により上昇したことにより25百万A$、コモデティブームで、他の金属が高騰する中、アルミニウム価格が予想より弱含みであったことにより30百万A$、高い借入金コストにより6百万A$、当初見込みより収益が悪化したと計算される。また、その他の要因としてオーストラリアドル高が挙げられている。
  また、Alumina社のCEOのJohn Marlay氏は、ブラジルのAlumarプロジェクトのコストが500百万A$上昇した報告に対してコメントすることを避けた。このプロジェクトはAlumina社とAlcoa社のJVのAWAC社の51%所有である。

ページトップへ