閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2008年1月15日 北京 土屋春明

中国:内モンゴル自治区、国内の重要非鉄金属生産基地に

 安泰科によれば、内モンゴル自治区経済委員会からの情報によると、2007年以降、内モンゴル自治区の非鉄金属製錬産業は急成長し、2007年1~10月の銅、鉛、亜鉛など10種非鉄金属製品の生産総量が始めて100万tを突破した。内モンゴル自治区には世界有数の鉱床群があり、鉱物資源が非常に豊かで、特に大興安嶺南部地域については、国家により重点非鉄鉱産物探査地域に指定された。
 内モンゴル自治区国土資源庁が発表した2007年6月末までの探査結果によると、内モンゴル自治区の10種非鉄金属の確定資源埋蔵量は2,539.45万tで、そのうち銅・鉛・亜鉛・タングステン・モリブデンの確定資源埋蔵量は国内で第2位から第6位を占めている。
 内モンゴル自治区の趙双連副主席によると、非鉄金属加工業が内モンゴル自治区の産業の柱の一つになり、2007年上半期の内モンゴル自治区非鉄金属年間加工能力は90万tに達し、2010年前後までには200万tを超える見込みで、国内の重要な非鉄金属生産基地になる。

ページトップへ