閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2008年1月16日 シドニー 永井正博

中国のBaosteel社、鉄鉱石価格交渉中断

 地元紙によると、中国のBaosteel Group(宝鋼集団)は、BHP Billiton、Rio Tinto、ブラジルのValeからの値上げ要求が強く、合意には至らないとして2008年度鉄鉱石ベンチマーク価格交渉を中断した。中国の鉄鋼メーカーは、鉄鉱石価格の30%値上げは受け入れられるが、Valeの要求は70%の値上げであったとみられる。
 中国鉄鋼メーカーは、Valeが、スポット市場をタイトにし、ベンチマーク価格は4月から上げるべきだとの鉱山の主張を確固たるものにするために、供給をカットするのではと懸念している。
 Baosteel社は、ベンチマーク価格を合意する前に、新規生産者であるFortescue Metals Group社による生産が5月から軌道に乗ることを待っているとみられている。
 ベンチマーク価格交渉の公式な期限はなく、現在の価格交渉は未だ予備段階にあるという。
 これは、2008年3月末が期限の現在の契約の更改が遅れることになると考えられている。過去に、時折、交渉が新年度まで引き延ばされることがあり、2006年度の価格は中国と最終セットになるのに2006年6月までかかった。

ページトップへ