閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2008年1月18日 ロンドン フレンチ香織

グリーンランド:Angus & Ross社、MRI社と鉛・亜鉛精鉱の長期供給契約を締結

Angus & Ross社(本社:英国ヨークシャー州Piercy End)は1月7日、Marc Rich International Trading(以下、MRI)と、Angus & Ross社が有するグリーンランドのBlack Angel鉱山に関して、今後生産開始が予定されている鉛・亜鉛精鉱の長期供給契約(Life of Mine off-take agreement)を締結した。Black Angel鉱山で鉛・亜鉛精鉱のフル生産量は35千t/年と計画されているが、同鉱山は現在、資金不足のために生産開始を見合わせている。しかし、鉱山建設完了までのプロジェクト資金を調達できれば、鉱山及び選鉱場は約18か月で建設され、2011年には精鉱出荷が開始される予定である。
Angus & Ross社は現在、MRI社とバンカブルFSを実施しており、この結果、SGS Mineral ServicesとWardrop Engineeringによって、Maarmorilikでの効率的な鉛・亜鉛精鉱生産を目指した試験が行われている。また、資金調達については、Cyrus Capital Partners Europe LLPと融資額12.5百万US$に関して協議されている。
金属価格下落に伴う新規の鉛・亜鉛鉱山開発プロジェクトの遅れと、主要既存鉱山の鉱量減により、2010年以降に鉛・亜鉛の供給不足を懸念する声も多くある。その状況下、今回のMRI社の長期鉱石供給契約は、高い評価を受けている。

ページトップへ