閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2008年1月22日 サンティアゴ 菱田 元

ブラジル:Anglo American、MMX社の鉄鉱石プロジェクトを55億US$で買収提案

 1月17日付の地元業界紙によるとAnglo Americanは、ブラジルの鉄鉱石・鉄鋼メーカーMMX社と、同社が所有する2つの鉄鉱石プロジェクトを55億US$で買収する独占的交渉に入った。
 買収対象となるのは、MMX社の子会社であるNewco社が所有するブラジルのMinas-Rio鉄鉱石プロジェクト(Minas Gerais州、権益51%)及びAmapa鉄鉱石プロジェクト(北部Amapa州、権益70%)であるが、Anglo Americanは、このNewco社の全ての株式を取得する意向である。Anglo Americanは既にMinas-Rio鉄プロジェクトの権益49%を保有しているが、Amapa鉄鉱石プロジェクトの権益30%は米国の鉄鉱石・ペレット製造会社Cleveland-Cliffs社が所有している。
 「これらの2プロジェクトはAnglo Americanの戦略と非常に良く合致し、南アフリカのKumba鉄鉱石の拡張計画と共に、2017年までに海上輸送市場の鉄鉱石を年間約1億5千万tまで増やせる。」と同社のCEO Cynthia Carroll女史は語った。
 MMX社のロジスティクス部門は子会社LLX Logistica社の下に運営されており、MMX社から切り離されているので、今回のAnglo Americanとの取引の中には含まれていない。MMX社はブラジルMato Grosso do Sul州のCorumba鉄関連施設も所有している。

ページトップへ