閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年1月25日 シドニー 久保田博志

Zinifex社、2007年第4四半期報告

 Zinifex Limited(本社メルボルン、以下Zinifex社)は、1月24日、2007年第4四半期報告を発表した。
 亜鉛の2007年第4四半期生産量は147,288t、年間生産量は対前年8%増加の301,274t、鉛の2007年第4四半期生産量は29.5%増加の18,863t、年間生産量は対前年12%増加の37,406tとなった。
 主力鉱山のCentury亜鉛・鉛鉱山(クィーンズランド州)は、2007年第4四半期の亜鉛生産量が対前年同期5%増加の130,361t、同鉛生産量が対前年同期59%増加の13,863tと生産量増加に大きく貢献した。
 一方、Rosebery亜鉛・鉛・銅鉱山(タスマニア州)は、鉱石処理量の減少と鉱石品位の低下により、2007年第4四半期の亜鉛生産量が対前期比18%減少、対前年同期10%減少の16,927t、同鉛生産量が対四半期9%減少、対前年同期15%減少となった。

ページトップへ