閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年1月29日 サンティアゴ 平井浩二

チリ:Rio Tinto、CODELCOとExploradora銅プロジェクトのJV探鉱契約を締結

 2008年1月24日付け地元業界紙等によると、Rio TintoとCODELCOはExploradora銅プロジェクトのJV探鉱契約を締結したと発表した。合意内容はRio Tintoが20百万US$の探鉱費用を負担することにより、チリ北部のExploradora銅プロジェクトの権益55%を獲得する。また、Rio Tintoは権益を60%まで上乗せする権利を保有する。同プロジェクトの探鉱オペレーターはRio Tintoとなる。
 今回の探鉱契約締結により、両企業はJVにより、チリにおいて共同で探鉱鉱区を保有することとなる。同社のBret Clayton社長は、我々はCODELCOとの長期的でより深い関係を期待しているとコメントした。
 本件は最近CODELCOが進めている、鉱区開放の2件目の案件となる。CODELCOは2008年1月10日にAnilloプロジェクトの65%の権益を与える契約をカナダのジュニアカンパニーのFortune Valley Resources社と締結している。

ページトップへ