閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年1月29日 北京 土屋春明

中国:世界最大の金生産国に

 安泰科によれば、イギリス調査会社GFMSからの情報として2007年中国の金生産量は前年同期比12%増の276tで南アフリカを抜いて中国は世界第1位の金生産国となった。この10年間で中国の金生産量は70%伸びている。
 南アフリカは、1905年以来世界第1位の金生産国であったが、史上稀な金価格の高騰にもかかわらず、コスト高と資源枯渇により金生産が減少している。中国は既にアルミ、亜鉛、鉛の生産で世界第1位、錫の生産で世界第2位を占めている。また、銅、ニッケル、銀の生産でも世界10位以内を占めている。
 中国金鉱山からの省別金生産量(2007年1~11月)を以下に示す。

2007年1~11月金鉱山からの省別金生産量
t

省 名 生産量
(t)
割合
(%)
山 東 43.549 25.73
河 南 22.917 13.54
福 建 15.013 8.87
湖 南 9.072 5.36
陝 西 8.547 5.05
遼 寧 7.329 4.33
新 彊 6.669 3.94
内モンゴル 6.364 3.76
甘 粛 6.076 3.59
吉 林 5.450 3.22
169.252  
ページトップへ