閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル レアメタル ニッケル
2008年1月29日 北京 土屋春明

中国:四川金広集団公司、フィリピン:パラワン島のニッケル鉱床開発へ

 安泰科によれば、四川金広集団公司は、2008年1月10日フィリピンの製紙会社で9か所のニッケル鉱床を所有するHPT杜とフィリピン・パラワン島にある3か所のニッケル鉱床を共同開発する覚書を締結した。両社は共同で本プロジェクトに3億US$を投入する。四川金広集団公司は51%の権益を取得し、ステンレス生産に必要とする原料の供給を確保する。同公司は、鉱山の近くに年間生産量10万t(金属量)のフェロニッケル工場を建設し、フェロニッケルを中国国内に輸送し、ステンレスを生産する計画である。本プロジェクトは、現在、準備段階にあり、具体的なスケジュールについては決まっていない。
 四川金広集団公司は、青海省と四川省でフェロニッケル事業を展開している。同公司の子会社である四川・雲南ステンレス公司は、年間30万tの粗ステンレスを生産している。また、四川金広集団公司は万宝鉱業公司とジンバブエでクロム鉱床を共同開発しているが、具体的な計画については公表していない。

ページトップへ