閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年2月2日 リマ 西川信康

ペルー:Milpo社、2008年の投資額は1億5千万$

 業界紙等によると、ペルー非鉄大手Milpoは、操業拡大や新規探鉱などに対して2008年に総額1億5千万$を投資することを明らかにした。同社チャワン社長によれば、このうち6千770万$が探鉱投資額で、残りはEl Porvenir(亜鉛)、Chapi(銅)、Cerro Lindo(多金属)などの操業鉱山の拡張に充てる予定である。
 探査事業としては2千200万$投資予定のHiralion亜鉛・鉛鉱床や、Pukaqaqa金・銅鉱床のFSのほか、新たにウラン探査を開始するためHuanuco県及びPasco県に合計1万500haの鉱区を申請中である。さらに、コロンビア南部においても亜鉛を中心とする多金属鉱床地域でボーリング調査を開始する計画である。
 一方、操業拡張はEl PolvenirやCerro Lindoの各鉱山で2010年に1日あたり1万tの粗鉱生産実現を目標としており、双方とも現在の生産を倍増する計画である。
 また、同社長は2008年の売上高は4億$で、2007年の3億5千万$を14%上回るとし、金属価格の低下にも関わらず業績を上げる見通しを示した。

ページトップへ