閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年2月4日 バンクーバー 武富義和

カナダ:Barrick Gold、タイヤの長期安定確保に向け、横浜ゴムと10か年契約へ

 Barrick Goldは、タイヤの安定供給を確保するため、横浜ゴムとの間で、10か年、200百万US$以上の契約を締結した。
 この契約で、Barrick Goldは、2009年初から1年間で約1,300本のオフロード用タイヤ(off-the-road tire)を確保する。これに対応するため、横浜ゴムは、Barrick Goldから35百万US$の融資を受け、50百万US$(50億円)をかけ2か年で尾道工場の生産ライン、建屋等を拡張する。この拡張計画は2008年第4四半期の後半から開始される。
 Barrick Goldにおける2006年の大型タイヤ消費実績は約3,000本(80百万US$相当)、2012年には4,500本を見込んでおり、横浜ゴムとの契約1,300本以外はGoodyear、Muchelin他との長期契約を考えている。
 最近のタイヤ需給は逼迫しており、Caterpillar社製大型トラック用の場合、タイヤ入荷までに2年程度かかっている。また、3百万US$もする輸送トラックが、タイヤ不足により動かせないという事態も出ているようだ。

ページトップへ