閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年2月5日 シドニー 久保田博志

BHP Billiton、Rio Tintoの買収条件を引き上げる

 BHP Billiton(本社メルボルン/ロンドン)は、2月6日、Rio Tinto(本社メルボルン/ロンドン)に対する買収条件を引き上げ、正式に買収オファーを行なった。
 これまでBHP Billitonは、同社株式3株に対してRio Tinto株式1株を条件としてきたが、今回提示した条件は、BHP Billiton株式3.4株に対してRio Tinto株式1株であり、買収総額は1,640億A$に及ぶ。
 また、「BHP Billitonにとっては、Rio Tintoを完全買収できなくても、同社の権益51%を取得して支配下に置くだけでも十分であり、それによりRio Tinto役員の発言(Recommendation)や同社に資本参加したChinalco社(中国資本)やAlcoa社(米国資本)の影響力を弱めることができるとの見方もされている。

ページトップへ