閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年2月18日 ロンドン 竹谷正彦

南ア:Anglo Platinum社・Polokwane製錬所、事故により4~6週間操業停止

 各社報道によれば、Anglo Platinum社のPolokwane製錬所で2008年2月13日(水)スラグの漏れによる事故があり、修理のため4~6週間操業を中止することとなった。この事故による怪我人はなかったが、漏れたスラグにより溶鉱炉に隣接する電気設備が被害を受けた。修理の完了には4~6週かかる見込み。
 同社では、同社全体の製錬能力は年間3.5百万tあり、同製錬所で操業を再開すれば、生産計画は遅れるものの、同社の2008年のプラチナの生産見込み2.4百万ozに変更はないと発表した。

ページトップへ