閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2008年2月19日 シドニー 永井正博

Rio Tinto、鉄鉱石価格にフレート・プレミアムを要求

 Rio Tintoは、新日鉄とブラジルのValeが合意した2008年鉄鉱石価格65%増のベンチマーク価格に加えて、フレート・プレミアムを要求したいと発表した。
 Rio Tintoは、オーストラリアからの鉄鉱石はブラジルよりアジアに安く輸送でき、それゆえ、中国の鉄鋼メーカーへはオーストラリアのシェアが高まっている。
 Rio Tintoにとっては、2007年は87.9億US$の鉄鉱石を販売しているが、今回の65%値上げにより、生産量の増加がなくても、少なくとも売上げは145億US$になる。同様に、BHP Billitonは、35億US$の鉄鉱石を販売しており、59億US$の売上げとなる。
 Rio Tintoは、フレート・プレミアム込みで少なくとも71%増を要求すると述べている。
 ブラジルのCarajas産鉄鉱石は、オーストラリア産の鉄鉱石より高品位なので、ValeはCarajas産鉄鉱石にプレミアムを受け取っているが、もしRio Tintoがオーストラリア産鉄鉱石にフレート・プレミアムを要求するなら、Valeもさらに高いプレミアムを要求すると警告している。
 BHP Billitonもまた、2年前に試みて失敗しているがフレート・プレミアム要求に追随するものと見られている。

ページトップへ