閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年2月25日 バンクーバー 武富義和

カナダ:Barrick Gold、2007年第4四半期の純利益28%増へ

 Barrick Goldは、2007年第4四半期の純利益が28%増の537百万US$になったと発表した。一方、金の生産量は、前年同期の2.44百万ozから12%減の2.143百万oz、銅はほぼ横這いの101百万lbであった。キャッシュコストについて、金は前年同期の287US$/ozから375US$/ozへ30%アップ、銅は0.82US$/lbから0.81US$/lbと横這いであった。
 第4四半期の地域別金生産量、キャッシュコストは以下のとおり。

地域 金生産量
(百万oz)
キャッシュコスト
(US$/oz)
南米 0.62 216
北米 0.80 396
豪州・太平洋 0.57 462
アフリカ 0.14 583

 通年ベースの純利益は、前期に先物販売契約解消による損失が発生したことから、前年の15.1億US$から11.2億US$へと減少している。生産量は、金が8.643百万ozから8.060百万ozへ7%の減少、銅が367百万lbから402百万lbへ10%の増となった。キャッシュコストについて、金は283US$/ozから350US$/ozへ24%アップ、銅は0.79US$/lbから0.83US$/lbへ5%アップした。
 なお、第4四半期には722百万US$でArizona Star社の株式94.7%を取得し、2008年3月を目途に全株取得を目指している。また、米国Nevada州におけるRio Tinto子会社Kennecott Exploration社とのジョイントベンチャーCortez鉱山の株式40%を16.95億US$で買収し、全株式を取得した。

ページトップへ