閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年2月25日 バンクーバー 武富義和

米国:Newmont、2007年第4四半期に大幅な評価損を計上

 Newmontの2007年第4四半期決算については、会社の評価モデル変更により直近の鉱量を見直した結果、探鉱セグメントで11億US$という大幅な評価損が発生したため、営業損益は、前年同期の171百万US$の黒字から一転933百万$の赤字となった。なお、子会社Franco-Nevada社の売却益(税引き後6億US$)、Pajingo鉱山の売却益(税引き後5百万US$)等で相殺したが、純損益は前年同期の2239百万US$の黒字から289百万$の赤字となった。通年ベースでは791百万US$の利益計上から1,886百万US$の赤字計上となった。
 第4四半期の金販売量は、前年同期の1,954千ozから1,468千oz(16%減)、通期では7,186百万ozから6,184百万oz(14%減)へ、同じく第4四半期の金販売コストは、前年同期の324千ozから384千oz(19%アップ)、通期では303US$/ozから406US$/oz(34%アップ)となった。

ページトップへ