閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2008年2月25日 リマ 西川信康

ペルー:2007年銅及び亜鉛鉱山生産量が世界2位に躍進

 米国地質調査所(USGS)によれば、2007年、ペルーは銀生産で世界1位を維持する一方、、亜鉛及び銅では世界2位の生産国となった。
 2007年のペルーの銅鉱山生産量は、前年比13.5%増の1,190千tとなり、米国を抜いてチリに次いで第2位に、また、亜鉛についても、20%増の1,444千tとなり、豪州を抜いて中国に次いで第2位に躍進した。
 2007年のペルーの産銀量は1億931万2千ozで、メキシコの9,645万2千ozをわずかに上回り、世界第1位を死守した。
 一方、金生産に関しては前年比で16%減の170tと減産したものの、生産量はここ7年間の平均レベルにあり、世界5位、ラテンアメリカ内では1位のランクを維持する結果となった。

ページトップへ