閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年2月27日 リマ 西川信康

ボリビア:Karachipampa銀・鉛製錬所、カナダ企業に譲渡

 業界紙等によると、ボリビア鉱業冶金省は、Atlas Precious Metals(加)に対して8億5千万$でKarachipampa製錬所を正式に譲渡すると発表した。
 同製錬所は、1982年から85年にかけて当時1億5千万$を投じて建設されたが、ボリビア国内の精鉱供給量が製錬所の操業に必要な量を満たさなかったことから、建設後現在までの23年間1度も稼動していない。
 エチャス鉱業冶金大臣によれば、Atlas Precious Metalsは1億4千万$を投資してKarachipampa製錬所(銀・鉛精鉱処理量5万1千t/年)を稼動させるほか、新たに亜鉛製錬所を建設する計画である。亜鉛製錬所の生産規模は当初8万t/年で最終的には10万t/年に増強するという。

ページトップへ