閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2008年2月28日 シドニー 永井正博

ラオス:Century鉱区・SouNam HoneでArgonaut社(豪州)がニッケルの鉱化作用を発見

 アジアで金を探鉱しているArgonaut Resources NL(本社シドニー、以下Argonaut社)は、ラオスでニッケル鉱化作用を発見したと発表した。
 Argonaut社は、ラオス北西部、タイ国境のメコン川に隣接する223km2のCentury鉱区のSouNam Hone探鉱地で、硫化ニッケル鉱化作用を確認した。鉱化作用は、地化学サンプリングで確認されたもので、ニッケル品位0.5%。Argonaut社は、直ちに硫化鉱のニッケル含有量を正確に調査するため、この地域でのボーリングを開始する。

ページトップへ