閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年3月3日 リマ 西川信康

ペルー:鉱業政策指標ランク28位に上昇

 カナダのシンクタンクであるFraser Institute社によると、2008年のペルーの鉱業政策指標ランキングは、68か国中、28位(54.1点)となり、2007年の52位から大きく上昇した。また、総合投資環境評価(鉱業政策面を加味した地質ポテンシャル評価)でも、2007年の41位から17位と大きくランクを上げた。
 ペルーが政治的に安定し、より魅力的な投資対象国となったことがランキングの上昇につながった模様。
 本政策指標は、世界の投資家(2008年は372社)のアンケート調査に基づき、政治的安定性、環境規則の適用、税制、自然保護区に対する規制などの要素が総合的に検討され、決定される。

ページトップへ