閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年3月5日 リマ 西川信康

ペルー:1月の主要鉱産物の鉱山生産量、依然増加傾向

 ペルー・エネルギー鉱山省は、1月の鉱山生産量を発表した。これによると、亜鉛は、前年同期比12.4%増の129,752t、銅は同3.8%増の86,255t、銀は同1.2%増の281.3t、金は同0.11%増の14.4tと、2008年の主要鉱産物生産は好調な滑り出しとなった。
 一方、錫は、同3.58%減の3,185t、また、鉛、モリブデン、鉄鉱石は、それぞれ、2.13%減、10.2%減、11.0%減と軒並み減少した。

ページトップへ