閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年3月7日 シドニー 久保田博志

米国:Rio Tinto、Cortez金鉱山売却

 Rio Tinto(本社メルボルン/ロンドン)は、3月6日、同社子会社のKennecott Explorations Ltd.が保有するCortez金鉱山(米国ネバダ州)の権益40%をJV相手のBarrick Gold(カナダ資本、以下Barrick社)に売却すると発表した。
  売却金額は、16.95億US$、この売却によってBarrick社はCortez金鉱山の権益100%を取得することになるが、Rio Tintoは、同鉱山で埋蔵量及び資源量を著しく増加させる探鉱結果が得られた場合には、ロイヤルティを受ける権利を留保している。
 この売却は、Rio Tintoが2007年にAlcan社(カナダ資本)を買収した際の負債の返済のための150億US$規模の資産売却の一環である。

ページトップへ