閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年3月10日 メキシコ 小島和浩

メキシコ:サン・ホセ金銀プロジェクト、2010年第1四半期に生産開始予定

 2008年3月5日付け業界情報等によると、フォルトゥナ・シルバー・マインズ社(Fortuna Silver Mines Inc. 本社バンクーバー)は、メキシコ・オアハカ州に保有するサン・ホセ(San Jose)金銀プロジェクトの商業生産開始を2010年第1四半期に予定している旨、明らかにした。同プロジェクトは、オアハカ市南方国道沿い47kmに位置し、フォルトゥナ社が76%、コンティニューム・リソーシズ社(Continuum Resources Ltd. 本社バンクーバー)が26%の権益を保有するJVプロジェクトである。フォルトゥナ社ホルヘ・ガノサ(Jorge Ganoza)社長が明らかにした生産計画の概要は以下のとおりである。
 サン・ホセ金銀プロジェクトの開発工事は、2008年中に予定しているプレFSの終了及び同プロジェクトの環境影響評価報告書の認可取得を経て、2009年第1四半期に開始する予定である。現在作業を進めている同プロジェクトの資源量評価は、2008年第2四半期に終了する見込みである。同プロジェクトでは、粗鉱処理量1,500~2,000t/日、マインライフ10年、この間の平均キャッシュコスト5US$/oz-Agを見込んでいる。同プロジェクトの生産が開始されると、フォルトゥナ社の年間産銀量は、5~6百万ozに達する見込みである。

ページトップへ