閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年3月10日 メキシコ 小島和浩

メキシコ地質調査所、国有鉱区の7件の入札を経済省に提案

 2008年3月5日付業界情報等によると、メキシコ地質調査所(SGM)は、7か所の国有鉱区を入札に掛けることを経済省に提案している。入札が提案されている鉱区は、南バハカリフォルニア州のSan Juan(リン鉱石)、Valle Perdido(金・銀)、El Triunfo(金・銀・鉛・亜鉛)、Tembabiche(リン鉱石)、サンルイスポトシ州のGuadalcazar(金・銀・鉛・亜鉛)、サカテカス州のSanta Isabel(銀・鉛・亜鉛)、ミチョアカン州のAndrea(鉛・亜鉛・銅)である。入札は2008年中に実施される予定である。

ページトップへ