閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年3月10日 バンクーバー 武富義和

カナダ:Sherritt社、2007年の決算、最高益を記録

 金属、石炭、石油・ガス、発電事業を展開する資源コングロマリット企業のカナダ・Sherritt International社は、2007年第4四半期の売上がニッケル、コバルト、原油等の高騰により対前年同期比6.4%増の3.2億$、純利益が6.2%増の84百万$になったと発表した。通年ベースでは、売上げは20.7%増の13.4億$、利益は51%増の3.7億$と過去最高を記録。第4四半期のニッケル生産は対前年比3%増の4.3千t、通年ベースでは4%増の15.7千tとなった。コバルト生産の四半期実績は対前年同期比5%増の0.5千t、通年ベースでは8%増の1.8千tとなった。
 年末現在の総資産も対前年比2.1倍の54.6億$となり、今後は、キューバ、マダガスカル、カナダ・サスカチュワン州などで事業拡大する方針。
 同社は2007年6月14日、Dynatec社の発行済み全株式を16億$で買収し、2010年操業を目指しているマダガスカルAmbatovyニッケル・コバルトプロジェクトを手中に納めている。

ページトップへ