閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年3月12日 シドニー 永井正博

豪州:Territory社、ミネラルサンド会社のOlympia社を買収へ

 Territory Resources Ltd.(本社ダーウィン、以下Territory社)は、ミネラルサンド会社のOlympia Resources(本社パース、以下Olympia社)を12.4百万A$で買収する計画を公表した。
 Territory社はすでにOlympia社の権益19.7%を所有しており、残りの124.7百万株の株主に対して10c/株のオファーを行った。
 これはTerritory社の鉄鉱石会社から多角経営への最初のステップであるが、既に他のミネラルサンド会社にも関心を示している。例えば、Tiwi Islandミネラルサンド鉱山を所有するMatilda Minerals社である。Matilda Minerals社は、Territory社の主要株主であるCrawley Resources社が権益を19.9%所有している。
 Territory社は、北部準州のFrances Creek鉄鉱山から5か月の生産で2百万A$の利益を上げたと公表している。

ページトップへ