閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年3月18日 シドニー 増田一夫

BHP BillitonのRio Tinto買収提案による恩恵

 地元紙は、BHP BillitonのRio Tinto買収提案により、Rio Tinto役員の給与が引上げられていると伝えた。
 Rio Tinto Tom Albanese社長の年間給与は12.6百万US$であり、昨年の3.3百万US$を大きく上回っている。一方、BHP Billitonの社長の年間給与は7.8百万US$である。
 給与引上げの理由として、2007年のRio Tinto株価が80.3%上昇したことを挙げており、これは、BHP BillitonのRio Tinto買収提案の影響が大きい。Rio Tinto株価上昇率はBHP Billiton株価上昇率58.7%を大きく上回っている。
 Rio Tintoは2008年の設備投資を年間50億US$から、最大90億US$へ増やす計画があり、これは、主に中国の需要増に対応するためである。

ページトップへ