閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年3月24日 メキシコ 小島和浩

メキシコ:エル・クレストン・モリブデン・プロジェクトのバンカブルFSを開始

 クレストン・モリー社(Creston Moly Corp. 本社バンクーバー)は、メキシコに保有するエル・クレストン(El Creston)モリブデン・プロジェクトのバンカブルFSをM3社(M3 Engineering & Technology Corp. 本社ツーソン)へ委託した旨、3月18日付け同社HPに発表した。同プロジェクトは、ソノラ州エルモシージョ市の北東135kmに位置する。同HPの発表の概要は以下のとおり。
 本バンカブルFSは、スコーピング、プレFSエンジニアリング及びFSエンジニアリングの3段階の評価からなる。クレストン社は、現在実施中の約50孔の試錐探査を2008年5月までに完了し、8月に新規資源量評価を完了する予定である。この探査の目的は、予測資源量(inferred resource)を概測資源量(indicated resource)ヘとカテゴリーアップすることにある。エル・クレストン鉱床の現時点の概測資源量は93百万t(平均品位:モリブデン0.083%、銅0.060%)、予測資源量は84百万t(平均品位:モリブデン0.076%及び銅0.050%)と見積もられている。

ページトップへ