閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年3月24日 メキシコ 小島和浩

パナマ:セロ・チョルチャ銅金プロジェクト、資源量再評価実施

 2008年3月18日付業界情報等によると、ベルハーベン社(Bellhaven Copper & Gold Inc. 本社パナマシティ)は、パナマ共和国に保有するセロ・チョルチャ(Cerro Chorcha)銅金プロジェクトの新規資源量評価を2008年第2四半期及び第4四半期に実施する予定である。報道によれば、同社は既に終了した第1段階のボーリング探査結果に基づく資源量評価を2008年第2四半期に実施する。さらに既知鉱床区域外の物理探査の異常帯を中心に第2段階のボーリング探査を同四半期に開始し、その結果を踏まえた資源量の再評価を2008年第4四半期に実施する予定である。現時点の同プロジェクトの資源量(inferred resource)は、銅635,000t、金255,000ozと見積もられている。
 一方、3月18日付ベルハーベン社HPの発表によると、同プロジェクトの権益譲渡に関するドミニオン・ミネラルズ社(Dominion Minerals)とのオプション契約に基づく第2回目の支払いとして、同社はドミニオン社から現金50万US$及びドミニオン社株式1,333,334株を受領した。この支払いにより、ドミニオン社は現在までに現金1百万US$と同社株式2.67百万株をベルハーベン社へ譲渡したことになる。また、このオプション契約に基づきドミニオン社は、2008年3月~2009年3月の間に少なくとも7百万US$を同プロジェクトへ投資することとなっている。なお、ドミニオン社は3年間で総額21百万US$を提供することにより、同プロジェクトの権益65%を取得する権利を有している。

ページトップへ