閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2008年3月28日 ロンドン フレンチ香織

アイルランド:Pallas Green鉛・亜鉛プロジェクトのボーリング調査結果

 Minco社(アイルランド、ロンドンAIM上場)は3月19日、Xstrata(スイス)とのJV事業であるPallas Green鉛・亜鉛プロジェクトのボーリング結果を発表した。Tobermalug鉱区南部のボーリング8本のうち2本で高品位の鉱化帯を捕捉し、最高値で、亜鉛品位10.08%(着鉱幅6.30m)、鉛品位1.08%(着鉱幅9.45m)、亜鉛品位20.28%、鉛品位2.78%などの結果が得られた。また、Tobermalug区の鉱床は、南北2.7km以上、東西0.7kmまでと推定されている。
 2008年のPallas Green探鉱計画によると、高品位鉱床が存在し得るTobermalug鉱区の南部に集中しながら、最大15台のボーリング装置を使用して、約5万mのボーリングを実施する予定である。
 Minco社はロンドンAIMから「重要なベースメタル探鉱開発会社」と評価されており、Pallas Greenプロジェクトの23.6%の権益を有している。2008年1月下旬の発表によると、2008年のPallas Greenプロジェクトの予算は総額6百万€に設定され、Minco社は約1.4百万€を負担することになっている。また、Pallas Greenプロジェクトの探鉱ライセンスエリアは、欧州最大の亜鉛生産エリアとして知られ、Galmoy亜鉛鉱山等があるMidland Orefieldの南西に位置している。

ページトップへ