閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年3月31日 バンクーバー 武富義和

カナダ:First Nickel社、初めて黒字計上

 First Nickel社(トロント)は27日、2007年第4四半期と2007年の業績を発表。
 第四半期の売上高は前年同期比86.6%増の1.5百万$に拡大したがオンタリオ北部のFoy Mouthプロパティでの繰延探鉱コスト償却で5.4百万$の特別損失を計上したため損益は1.7百万$の赤字となった。なお、前年は0.98百万$の赤字だった。通年ベースの損益は0.95百万$の赤字から0.81百万$の黒字に転換し、創業以来、初めて利益を計上。
 ニッケル生産は2007年より33%増の3.3百万lb(1,498t)、銅は36%増の2.2百万lb(999t)となった。また、ニッケルの売上高は前年比56%増、銅の売上高は53%増となった。
 2008年はニッケル3.8~4.4百万lb(1,725~1,998t)、銅は2.3~2.7百万lb(1,044~1,226t)の生産を計画。また、Lockerby鉱山に17百万$、探鉱費として7百万$を計上。
 First Nickel社は、Sudbury盆地を中心に活動しており、2005年当時Falconbridge社からLockerby鉱山を買収し、2006年から生産を開始している。

ページトップへ